絵本

バムとケロのそらのたび

おじいちゃんから届いた荷物の中身は、組み立て式の飛行機!?
バムとケロの大空の大冒険!

この絵本の内容紹介あらすじ

月曜日の朝、パンケーキを食べているとバムのところに山のように積まれた小包が届きました。
この小包の送り主はおじいちゃん。手紙も添えて届きました。

手紙の内容は、今度の日曜日はおじいちゃんの誕生日なのでケロちゃんと一緒に遊びにおいでというもの。それから屋根裏にあるおじいちゃんの大事な本も持ってくるようにと書かれています。

バムが手紙を読み終えて小包を解いてみると、中には組み立て式の飛行機とおじいちゃんの家までの航路を記した手紙が入っていました。

バムとケロちゃんは、さっそく飛行機を組み立て始めると思いきや・・・、まずはまったりとおやつを食べてから作業に取り掛かります。
ペンキを塗ったり、スプレーを吹き掛けたり、エンジンを積んだり、土曜日の夜まで徹夜して飛行機を組み立てました。

飛行機が完成すると、歯ブラシと耳かきとおじいちゃんの本を積んでいよいよ出発。
上空から小さく見える滑り台や砂場にしばしのお別れを告げて、大空へ飛び立ちます。

おじいちゃんが記した航路に沿って飛んでいくと、最初に見えるのが玉ねぎ山脈。
大きな玉ねぎが連なる山脈の上空ではゴーグルが必須のアイテムです。なぜなら・・・、玉ねぎで涙が止まらなくなってしまうのです。
バムはしっかりとゴーグルを装着しますが、うっかりしていたケロちゃんは涙が止まりません。

次に見えてくるのは、リンゴ山です。この山の洞穴には、虫がウジャウジャいるので決して通ってはいけません。おじいちゃんが手紙で注意を促したというのに、うっかり見逃したバムとケロちゃんは洞穴の中でびっくり仰天。

おじいちゃんの家までは、50年に一度しか噴火しないカボチャ火山や大海ヘビの生息する海原、岩のトンネルも通っていきます。

せっかくおじいちゃんが手紙で注意を促しているのに、うっかり見逃して行く先々でトラブル続きのバムとケロちゃん。果たして無事におじいちゃんの家に辿り着くことはできるのでしょうか。
バムとケロちゃんのマイペースな姿やうっかりしているところも何だか微笑ましい絵本です。

出版社からの内容紹介

月曜日の朝,おじいちゃんから山のようなこづつみがとどいた。中身は組み立て式ひこうき。ひこうきにのって,おじいちゃんの誕生日のお祝いに出かけますが……。

出版社「文溪堂」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。