絵本

バムとケロのもりのこや

森の中で見つけた廃屋をリフォーム!とっておきの秘密基地を作ります!

この絵本の内容紹介あらすじ

ポカポカ温かい木曜日、バムとケロちゃんは近くの森に木苺を摘みに出掛けます。ふたりが仲良く木苺を摘んでいると、蔓草に覆われた古い小屋を見つけました。

誰か住んでいるのだろうか?

バムは垂れ下がったベルを鳴らしてみようと試みますが、垂らした紐がぷつりと切れてしまいます。
次は木の梯子を昇ってみようと試みますが、段が折れてしまいました。
最後はケロちゃんが、縄の梯子を昇ってみようと試みますが、途中でぷつりと切れてしまいます。

これだけボロボロの小屋なので誰も住んでいないようです。バムとケロちゃんは、ここを秘密の小屋にしようと思い立ちました。

思い立ったら即行動。ふたりは小屋の修理と掃除をすることにしました。
いったん家に戻ると、さっそくバムは、修理が得意な何でも屋のソレちゃんに電話をします。
すると翌朝、まだ夜明け前の薄暗いなか、道具をいっぱいに積んだ車に乗ってソレちゃんがやってくるのでした。

とっても早起きのソレちゃんは、バムとケロちゃんのために焼きたてパンと熱々ココアの朝御飯までも用意してくれます。早起きで眠そうなバムとケロちゃんですが、みんなで朝御飯を囲んでいるうちに段々と目も覚めてきます。
朝御飯を済ませると、ソレちゃんのスクーターに乗って森の小屋に出発です。

たくさんの荷物を積んだスクーターは、森のデコボコ道をするすると走り抜け、あっという間に小屋に到着。
防塵マスクをして掃除の準備を整えたら、梯子をかけて小屋の中に入ります。
ところが、小屋の中を見てびっくり。蜘蛛の巣が部屋中を張り巡り、床にはゴミが散乱していたのです。

バム達は力を合わせて掃除に取り掛かることにしたのですが、食いしん坊のケロちゃんは床に落ちている食べ物に興味津々。古くてカビカビのドーナツや埃まみれのクッキーを食べようとするのです。
バムは、ケロちゃんが拾った食べ物を取り上げ、ゴミ袋に捨ててしまいます。その代わり、掃除をする前におやつの時間を設けるのでした。

おやつを食べたら、今度こそ小屋の大掃除に取り掛かります。バムとケロちゃんが小屋の掃除をしている間、ソレちゃんはノコギリやトンカチを使って小屋の修理を行います。
真っ黒に汚れた窓や泥だらけの床を拭いて、天窓を覆っている草を刈って、最後にペンキを塗ったら、ようやく今日の仕事はおしまい。天窓から光が差し込む居心地のいい素敵な空間に様変わりです。明日の朝、小屋に来るころにはペンキも乾いているはずです。

そして、次の朝もソレちゃんは早起き。バムとケロちゃんは、朝早くに叩き起こされます。昨日と同じようにソレちゃんが作った朝御飯を済ませ、スクーターで森の小屋に出発です。
ところが小屋に到着すると、様子がおかしいことに気づきます。昨日、きちんと閉めたはずの小屋の扉が少しだけ開いていたのです。

なんと、小屋にいたのは友達のかいちゃん。ペンキを塗ったベンチにくっついて動けなくなっていたのです。かいちゃんは、塗り立てのベンチに気づかずに天窓から見える星空を眺めていたところ、身動きが取れなくなってしまったのでした。

かいちゃんの惨事を聞いたバムは、突然と良いことを思いつきました。それは、森の小屋で「秘密の星を見る会」を開くというもの。さっそくバム達は準備に取り掛かるのですが・・・。


慌ただしくも微笑ましいバムとケロちゃんと仲間達の愉快なお話です。予想外の展開や個性的なキャラクターに魅了されること間違いなし。「秘密の○○」といったように少年心をくすぐるワードが散りばめられています。

出版社からの内容紹介

お待たせしました。12年ぶりの新作「バムとケロのもりのこや」が発売となります!

ぽかぽかあたたかい木曜日。近くの森にきいちごをつみにいったら、つるくさに覆われた古い小屋を見つけた。誰も住んでいないので、2人の秘密の小屋にしよう!

出版社「文溪堂」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。