絵本

ばばばあちゃんのおもちつき

臼や杵がなくても大丈夫! ばばばあちゃん流は一般家庭にもあるボールとすりこぎ棒があれば、お餅つきができちゃいます!

この絵本の内容紹介あらすじ

ばばばあちゃんシリーズ」の3作目。
ばばばあちゃんシリーズは、気軽に子どもが挑戦できるお料理の作り方を紹介してくれる絵本です。

今回は、お正月にぴったりのお餅。お餅のアレンジ料理法ではなく、お餅そのものをもち米から作る方法を紹介してくれます。しかも、杵や臼がなくても、簡単にお家で作れちゃうやり方です!

読んでみると、大人でも「やってみたい!作ってみたい!」とわくわくする絵本です。わかりやすく作り方の手順が書かれているので、絵本を見るだけでお料理ができちゃうのが嬉しいポイントです。
普段からお母さんと一緒にご飯を作りたがったり、お手伝いをするのが好きなタイプのお子さんだったら、きっとこの絵本を見て「お餅、作りたい!」と目をキラキラさせてくれるのではないでしょうか。

お正月といえばお餅、ですが、きっと市販のお餅を食べるご家庭がほとんどだと思います。
でも、せっかくなら子どもと一緒に手作りをして、普段の何倍も美味しいお餅を食べながらお正月を過ごすのも素敵ですよね。

ばばばあちゃんに教えてもらった作り方で、ぜひ美味しいお餅を作ってみてくださいね!お友達と一緒にお餅パーティーをしても楽しいかもしれません!

出版社からの内容紹介

子どもたちにせがまれて、ばばばあちゃんのおもちつきが始まりました。ウスやキネがなくても大丈夫! “ばばばあちゃん流”はどこの台所にもあるボウルとスリコギがあればいいのです。さあ、これで、元気にぺったんぺったんおもちつきしましょ。おそなえ用の鏡もちができたら、いろんなお菓子をトッピングしたり中に入れたりして、変わりもちやびっくりもちに挑戦。子どもたちの歓声が聞こえてくる絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。