絵本

ばばばあちゃんの アイス・パーティ

出版社からの内容紹介あらすじ

存知じのばばばあちゃんと一緒に、冷たい氷のお菓子を作って遊ぶ科学絵本です。「ようし、わかった」とばばばあちゃんが提案したのは、みんなで氷のお菓子を作って、アイス・パーティをひらくこと。凍らせたり、凍らせようとして凍らなかったり、混ざったり混ざらなかったり、そして出来たものがおいしかったりまずかったり、子どもたちは楽しい体験をとおしてたくさんのことを学ぶでしょう。

絵本「ばばばあちゃんの アイス・パーティ」の一コマ

絵本「ばばばあちゃんの アイス・パーティ」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。