絵本

あそびうたするもの よっといで

出版社からの内容紹介あらすじ

子どもたちにうたいつがれてきたあそびうた

子どもたちから子どもたちへ、うたいつがれてきた数々のあそびうたから、とっておきをあつめました。あそびをはじめる“さそいうた”、手の動きとあわせる“てあそびうた”、数えて楽しむ“かぞえうた”、いいにくい言葉をすばやく唱える“はやくちうた”、うたのとおりに描くと絵が完成する“えかきうた”、未来をうらなう“うらないうた”……。それぞれのうたの世界を、のびやかでユーモラスな絵とともにお届けします。

絵本「あそびうたするもの よっといで」の一コマ

絵本「あそびうたするもの よっといで」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。