絵本

あそびうたするもの このゆびとまれ

出版社からの内容紹介あらすじ

子どもたちにうたいつがれてきたあそびうた

子どもたちから子どもたちへ、うたいつがれてきた数々のあそび。その中から、とっておきをあつめました。あそびにさそう時の“さそいうた”、どれかひとつえらぶ時の“えらびうた”、からかったりはやしたりする“わるくちうた”、おにごっこなどして外であそぶ時の“そとあそびうた”、ねがいごとをする時の“おまじないうた”、たくさんあそんだ後の“さよならうた”。それぞれのうたの世界を、自由でユーモラスな絵とともにお届けします。

絵本「あそびうたするもの このゆびとまれ」の一コマ

絵本「あそびうたするもの このゆびとまれ」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。