絵本

アルパカパカパカやってきて

出版社からの内容紹介あらすじ

「え~、こうきたか!」と、おどろく心地よさ。

『だるまなんだ』で絶妙なコンビネーションをみせた、おおなり修司×丸山誠司による注目の第2弾!

トントンとリズミカル。
「え~、こうきたか!」と、おどろく心地よさ。
「どうなる、どうなる」と、ページをめくるのも、もどかしいほど。

まさに「無条件におもしろい」絵本。
これは、もうお腹の底から笑うしかないでしょう。
それにしても、このシュールな展開、だれが予測できるでしょうか…。
ぜひ、手にとってご覧ください。

おおなり修司さんからのメッセージ

「アルパカパカパカやってきて」というフレーズが頭に浮かんだとき、なにか楽しいことが起こりそうなワクワク感と、なんだかポカポカした気持ちがやってきました。 そこで、そのワクワクとポカポカをギュウギュウ詰め込んで、この絵本ができました。
大好きな動物達?が次々にやってきますが、やってきて何をするのかは読んでからのお楽しみです。
僕が感じたワクワクとポカポカを、みなさんにも感じてもらえたら、僕はポカポカうれしいです。

丸山誠司さんからのメッセージ

おおなりさんから、『アルパカ パカパカ やってきて』が やってきて、どうぶつ園にいってきて、どうぶついっぱい描きました。
アルパカ パカパカ、カピバラ バラバラ、すいぎゅう ぎゅうぎゅう・・・。
どうぶつ以外も描きました。
なにやら、ぶつぶつきこえてきます。
おっと、ふまれたらたいへんたいへん。
さてだれでしょう?

絵本「アルパカパカパカやってきて」の一コマ

絵本「アルパカパカパカやってきて」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。