絵本

アリのたんけん

超接近写真は迫力満点!アリの目カメラが写し出す大迫力の虫の世界!

この絵本の内容紹介あらすじ

主人公のアリの探検を描いた全編写真の絵本です。

アリがご飯を探しに行き様々な昆虫と出会うシンプルなお話ですが、アリ目線の超接近写真は迫力満点です。
どアップのバッタの顔やトンボの羽の模様、スズメバチの目の模様まで見える写真は大人も「こんな虫の姿は初めて!」と驚きます。

最後には登場した昆虫の紹介ページもあり、特に男の子が大喜びしそうな絵本です。

世界的に著名な昆虫写真家・栗林慧さんの、通称「アリの目カメラ」で撮影されたという写真たちは、昆虫への情熱と探求心がひしひしと伝わってきます。
読むというより昆虫になって自然を探検する感覚でぜひ楽しんでみてください。

出版社からの内容紹介

超接写!! 大迫力の虫の世界!

アリの目から見たら、バッタもセミもトンボもダンゴムシもカブトムシも、みんな巨大で大迫力。アリになったつもりでいっしょに探検してみてください。

出版社「小学館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。