絵本
きつねがひろった グリム童話

あっぱれ四人兄弟

出版社からの内容紹介あらすじ

今度きつねの子がひろったのは、「あっぱれ四人兄弟」です。4人兄弟の冒険の絵を見ていた父さんぎつねの耳には、サーカスの音楽が聞こえてきたようです。グリムのお話とそのパロディーが楽しめます。

出版社「岩波書店」より
7歳以上安野 光雅岩波書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。