絵本

あまがさ

雨が待ち遠しい!誕生日に雨傘と赤い長靴をもらった小さな女の子の成長物語。

この絵本の内容紹介あらすじ

子どもって、どんな状況でも自ら学び、ひとつずつ成長しているんですね。最後まで読んで、そんな当たり前のことに改めて気付かされる素晴らしい絵本です。

雨の日、長靴を履く、かさを持って歩く。大人にとってみれば何ということのない行動、むしろ面倒だったりマイナスイメージな行動でも、子どもにとっては成長スイッチをくすぐる一大イベントなのかもしれません。

主人公の女の子モモは3歳の誕生日に赤い長ぐつとあまがさをもらいます。しかしなかなか雨が降らず暑い毎日が続き、モモはいてもたってもいられません。

「おひさまがぎらぎらしてまぶしいもの!」「かぜがふいて、めがいたくなるにきまっているもの!」など何かと理由をつけてかさを使いたがりますが、お母さんに「あめのひまでとっときましょうよ」となだめられてしまいます。

待ちに待った雨の日。新しい自分に出会うための儀式のように長ぐつを履き、両手でかさの柄をぎゅっと強く握りしめながら街を歩くモモ。

「わたし、おとなのひとみたいに、まっすぐあるかなきゃ!」

何度も心の中で呪文のように言い聞かせるモモ。その心の声は大人にはとても新鮮で、そんな子どもの健気さを知って、なんだかすごく心が熱くなりました。

汚れるから、面倒だから、壊すから…と大人の事情でやらせていないこと、結構ありますよね。でもそのひとつひとつが成長の積み重ねになること、大人に近づきたいという子どもの意欲を満たすことを、成長したモモのまなざしが教えてくれたような気がします。毎日時間に追われている親御さんにもぜひ読んでいただきたい絵本です。

出版社からの内容紹介

モモは誕生日にもらった長ぐつをはき、雨傘をさして街の中を歩きます。ぽんぽろ、ぽんぽろ、雨はふしぎな音を奏でます。モモの心は喜びでいっぱいです。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。