絵本

アブナイおふろやさん

銭湯で繰り広げられる少年たちの大冒険!男の子ならではの妄想ごっこがハチャメチャで面白い絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「ほうかごスペシャル探検隊」の本部はお風呂屋さん。集まった仲間は男の子5人。
今回のミッションは、熱帯の王国に生息する幻の魚人イセン・セババの姿を追うことです。
お風呂屋さんを熱帯のジャングルに見立てた男の子たちの妄想大活劇です。

本部(脱衣所)を後にしてジャングルに入っていくと、隊員が突然「うわー!!」と叫びます。床がつるつる滑るので気をつけながら慎重に前に進みます。

最初に現れたのは、巨大な滝(シャワーコーナー)です。この滝は、祈りの滝と呼ばれており、神聖な水に打たれながら隊員たちは探検の無事を祈ります。

紫色の薬湯は、毒沼!?隊員はパニックになりながらも全身毒まみれでようやく沼を切り抜けます。
湧き水(洗い場)を見つけると隊員たちは、シャンプーやボディソープで一生懸命に毒を洗い流します。

毒を洗い流すと隊員たちはロブネ(寝風呂)村に向かいます。村に着くとロブネ族に聞き取り調査。幻の魚人イセン・セババの住処を特定します。

幻の魚人イセン・セババが生息すると言われる湖にたどり着いた隊員たちは、潜って泳いで探索します。
必死の探索も虚しく諦めかけたそのとき、「こら おまえら!ふろやであそんだらダメだといつもいっているだろ!!」
幻の魚人イセン・セババが現れ、隊員たちは捕まってしまいます。
幻の魚人イセン・セババの正体はなんだったのでしょう。そして、隊員たちはどうなってしまうのでしょう。

男の子ならではの妄想ごっこがハチャメチャで面白い絵本です。想像力がついてきた男の子には特におすすめの絵本です。

出版社からの内容紹介

おふろやさんがジャングルに?!ぼくたち「ほうかごスペシャル探検隊」は幻の魚人イセン・セババの姿を追う!男子のモウソウはとまらない。ハチャメチャで、アツイ!楽しい「男子絵本」。

出版社「ほるぷ出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。