絵本

あっ・ほっ

出版社からの内容紹介あらすじ

これが五味太郎流、これこそ五味太郎流。

いきなり登場、男の子。(これが五味太郎流)
この子が、よくしゃべる、しゃべる。
しゃべり続ける男の子、なんと不機嫌なライオンにぶつかり、あらまあ、大変!

ところが、ところが、なんと予想外の展開が…(これこそ五味太郎流)
さあ、この続きは絵本でどうぞ。
「あっ・ほっ」と、なるほどね~と、ホッとできる絵本。
こんな絵本、みたことない。
なんだかうれしくなってしまう絵本です。

五味太郎さんからのメッセージ

あっとおどろいたりほっと安心したりの繰り返しが人生なんだなあとつくづく思う今日このごろであります。
「あ・ん」が人生だなどと言う偉いお坊様もいるらしいけれど、僕はなんと言おうと「あ・ほ」だと思うよ。
それを少し元気に「あっ・ほっ」とやっているあたりがいいんじゃないかと。

絵本「あっ・ほっ」の一コマ

絵本「あっ・ほっ」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。