絵本

6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし

出版社からの内容紹介あらすじ

フランス人のルイ・ブライユは、5歳のときに失明しました。
ルイは、とても頭のいい少年で、目の見える人と同じように生活する決心をします。
そして、ルイがいちばんやりたかったことは、本を読むことでした。

けれどそのころ、パリにある目の見えない人のための盲学校にさえ、ルイが読む本はありませんでした。

1824年、ルイは15歳のときにひとりで、文字を書く方法を発明しました―6この点をゆびでさわって読む、まったく新しい文字を書く方法、それが「点字」だったのです。

世界中の目の見えない人が本を読むことを可能にした、このおどろくべき若き発明家ルイ・ブライユの感動的な物語が絵本になりました。

絵本「6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし」の一コマ

絵本「6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし」の一コマ

絵本「6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし」の一コマ

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。