絵本

30000このすいか

3万個のすいかの大移動が迫力溢れます!突如、不思議なお話の展開を見せる奇想天外なクセになるナンセンス絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

山に囲まれた広い畑に3万個のスイカたちがのんびりと暮らしています。
スイカたちは、太陽の光をたっぷり浴びて丸々と育っていくのでした。

ある日、カラスたちがスイカを見ながら噂話を始めます。
「かわいそうに。このこたちはたべられてしまうなんてちっともしらないよ。」
それを聞いたスイカたちは、驚愕の事実を知って気絶しそうになるのでした。

そこでスイカたちは、みんなで示し合わせて夜になったら畑から脱走することにします。
夜になるとスイカたちは、自分たちにつながっているツタを引きちぎって自由になります。そして、3万個のスイカたちが一斉に転がり、大移動を始めます。

スイカたちは、山を越え、峠に着くと初めての海を見ました。そして、海の先に見える太陽についていこうと決心します。
ところが、峠の崖から転げ落ちたスイカたちは次々と割れてしまいます。そして、そこには3万個ものスイカジュースの大きな赤い池ができました。
朝になると池のまわりに動物たちが集まってきました。そして、美味しそうなスイカジュースを舐めようとした動物たちに奇想天外な出来事が起きるのです。

迫力のあるスイカの大移動の序盤のお話から急展開して奇想天外なお話へと引き込まれていきます。読み進めれば読み進めるほど頭の中には「!?」が増えていくナンセンス絵本ですが、その不思議な世界観がクセになる作品です。

出版社からの内容紹介

すいか畑に、すいかが3万個もなりました。ある日「もう食べ頃だね」とカラスが話しているのを聞いたすいかたちは、「食べられるなんて御免」と、夜中に脱走。山道をごーろごーろと転がり、新天地を目指します。次の日、はりきって転がるすいかたちの目前に、突如現れた崖! すいかたちはなすすべもなく落ちていき、ぱっかーん、ぱっかーんと音をたてて割れ、あとには、大きなすいかのジュースの池ができました。ところが・・・・・・。

作者は『したのどうぶつえん』『あいうえおん』など、ことば遊び絵本を数々出版しているあきびんごさん。本作でも、3万個のすいかが畑から大脱走するという、奇想天外なあきびんごの世界が炸裂します。夏にぴったり、ナンセンス絵本の決定版です。

出版社「くもん出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。