絵本

14ひきのあきまつり

この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみの兄弟達は、秋の森でかくれんぼをして遊んでいました。鬼役のサッちゃんは、隠れた兄弟達を次から次へと見つけていきます。

最初に見つけたのはクンちゃんで、次はおばあちゃんとトッくん。

さらにはゴウくんとナッちゃん、それからヨッちゃんも、あっという間に見つけてしまいます。

ニッくんとハッくんも見つけると、残すはロッくんだけ。

ところが、どれだけ探しても見つかりません。みんなで呼んでも出てきません。

ロッくんとキノコの秋祭り

「ねえ、ねえ、ろっくん みなかった?」

その問いかけは、クリタケ兄弟には届きません。ねずみの兄弟が尋ねた直後、何やら慌ただしく駆け出しました。

クリタケ兄弟は「せいや せいや」と掛け声をかけて、キノコの神輿を担ぎ始めたのです。

「わっしょい わっしょい」の掛け声が聞こえてくると、キノコの神輿を担いだカエル達もやってきました。

ドングリ達も「おりゃ おりゃ おりゃ」とキノコの神輿を担ぎ、あたり一帯はお祭り騒ぎです。

そうして、お祭りが一段と賑わい始めたとき、突然と山風が吹き荒れ……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

賑やかで楽しそうな秋祭りだね!

アイコン画像

うんうん。
秋ならではの季節感が、実際に目の前に広がったようにも感じたよ。

アイコン画像

黄色と赤と茶色の葉っぱがページ一杯に描かれてたね!

ところで、ロッくんは見つかったのかな?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!
というわけで今回は、絵本「14ひきのあきまつり」のご紹介でした。

出版社からの内容紹介

子どもたちとおばあちゃんが森の中でかくれんぼをしていたら、ろっくんがいない! さがしていると。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。