絵本

100万回生きたねこ

誰かを大切に想うってこんなにも素敵なこと。100万回生きてようやく気づいた猫のお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

100万回死んで、100万回生きた猫がいました。その猫は、立派なトラ猫で、みんなに愛されて生きてきました。100万人がその猫を可愛がり、100万人が死んだときに悲しんだのです。

あるときは王様の猫となり、またあるときは船乗りの猫となり、さらにあるときはサーカスの手品使いの猫となり・・・・、いろんな飼い主のもとを渡っては愛されて育てられたのです。

トラ猫は毎回のこと不運に巻き込まれて死んでしまうのですが、その度に飼い主は大きな悲しみに打ちひしがれ、大事に大事に猫を供養するのです。

ところがその猫は、大事に育ててくれた飼い主のことが大嫌いだったのです。その代わり、立派なトラ模様の自分のことが大好きだったのです。

トラ猫は、どんなメス猫にも好意を抱かれていました。近寄ってくる猫は、トラ猫に貢物をしたり、毛並みを整えてあげたり・・・・、トラ猫の気を引こうと必死です。

それでもトラ猫は、どのメス猫にも興味を示すことはありませんでした。なぜなら、トラ猫は自分のことにしか興味がなく、自分だけが大好きだったのです。

ところがある日、トラ猫に一切興味を示さない一匹の白猫と出会います。トラ猫は、自分に振り向いてくれない白猫のことが気になって仕方がありません。

それから、来る日も来る日も白猫の興味を惹こうと、トラ猫は必死の想いで白猫のもとを訪れるのですが・・・・。

白猫との出会いをきっかけにトラ猫は誰かを大切に想うことの素晴らしさに気づきます。これまで100万回も生きてきたトラ猫ですが、自分以外を大切に想うことがなかったので死ぬことに未練も恐怖もありませんでした。ところが、自分よりも大切な白猫の死を目の当たりにすると涙が止まらなくなったのです。

この絵本は、100万回生きた猫の一生をとおして、誰かを想うことの素晴らしさ、大切さを描き出します。

出版社からの内容紹介

これはひょっとすると大人のための絵本かもしれないが、真に大人のための絵本ならば、子供もまた楽しむことができよう。それが絵本というものの本質であるはずだ。そして『100万回生きたねこ』は、絵本の本質をとらえている。――週刊朝日書評より

このとらねこ一代記が、何を風刺しているかなどと考えなくても、すごいバイタリティーをもって生き、かつ死んだ話をおもしろいと思ってみればよいと思う。上級から大人まで開いてみて、それぞれに受けとめられるふしぎなストーリーでもある。飼い主へのつながりが無視され、前半と後半が途切れているようで、みていくとつながってくるふしぎな構成である。――日本経済新聞「こどもの本」書評より

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。