絵本

100まんびきのねこ

寂しく暮らす老夫婦は、猫を一匹飼うことに。ところが、一匹だけのはずが百万匹も拾ってしまい・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

昔、あるところに、老夫婦が住んでいました。二人は、こぢんまりとした綺麗な家に住んでおり、家を囲むように花が咲いていました。

決して裕福ではありませんが、不自由するほどでもありません。それでも、老夫婦は幸せではありませんでした。二人はとても寂しかったのです。

「うちに、ねこが 一ぴき いたらねえ」
おばあさんが、ささやかな願いをポツリと呟きます。それを聞いたおじいさんは、どこかで猫を一匹拾ってくると言うのでした。

おじいさんは、陽の当たる丘を越えて、涼しい谷を通って、長いこと歩いていると、どこもかしこも猫だらけの丘を見つけます。

百匹の猫、いや千匹の猫、いや百万匹以上もの猫がいるほどです。このなかから、一番綺麗な猫を選んで帰ることにしたおじいさん。ほどなくして、白い猫を拾い上げました。

この白い猫を連れて帰ろうとしたところ、白黒の猫も目に付きます。最初に拾った白い猫と同じくらいに可愛い猫です。そこで、この白黒の猫も拾って帰ることにしました。

ところが、ふわふわした灰色の猫も拾って帰ることにし、真っ黒の猫も拾って帰ることにし、トラ模様の猫も拾って帰ることにし、おじいさんはどの猫も可愛くて仕方がなかったのです。

気付けば、丘にいた全ての猫を拾ってしまい、全ての猫を連れて帰ることになってしまいました。

おじいさんは、何百万もの猫の行列を引き連れて、谷間を通って、丘を越えて、来た道を帰ります。

道中、ちょうど池のそばを通りかかったころ、喉が渇いた猫達は、水分補給をすることに。猫達は、ぴちゃぴちゃとひと舐めずつ池の水を舐めました。すると、驚くことに池の水はすっかりなくなってしまうのでした。

道中、今度はお腹を空かせた猫達は、腹ごしらえをすることに。野原に生えた草を、それぞれ一口ずつ食べました。すると、野原中の草が一本もなくなってしまうのでした。

向こうから帰ってくるおじいさんの姿が見えると、おばあさんは驚きを隠せません。おばあさんは、猫を一匹と言ったのに、おじいさんが百万匹もの猫を連れて帰ってきたからです。

こんなに猫を飼えば、エサ代だけであっという間に貧乏になってしまいます。そうおばあさんに諭されて、おじいさんはその現実にやっと気付きます。そして、どうしたものかと困ってしまいました。

そこで閃いたのが、どの猫を飼うか、猫達自身に決めさせること。ところが、どの猫も我こそがと収拾がつきません。とうとう争いにまで発展してしまいます。

猫達の争いがあまりにも激しいので、老夫婦は慌てて家の中に逃げ込みます。ところが、少し経つと騒ぎの音が聞こえなくなりました。外を覗くと、猫が一匹もいなくなっていたのです。

おそらく、猫達はお互いに食べ合って争ってしまったのです。惜しいことをしたと老夫婦が悔やんでいると、草の合間に猫が一匹。さて、どうしてこの猫だけは助かったのでしょう。最後は老夫婦のもとに幸せが訪れます。


残酷な一面も覗かせる物語ですが、ペットを飼うときの教訓になるかもしれません。また、自分が自分がと争うことの醜さも伝わることでしょう。

出版社からの内容紹介

年をとったおじいさんとおばあさんは、寂しいのでねこを飼うことに決めました。ねこを探しに出かけたおじいさんは、たくさんのねこであふれた丘にたどりつきます。しろいねこ、しろくろのねこ、はいいろのねこ、どのねこもかわいく見え、おじいさんはみんなを連れてうちに帰ってきます。でも、そんなにたくさんのねこは飼えません。そこで、おじいさんとおばあさんは、どのねこを家に置くかをねこたちに決めさせようとしますが……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。