吉田 尚令よしだ ひさのり

この著者の絵本一覧

1971年、大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける。絵本に『ボールコロゲテ スポーツの俳句』(編・村井康司/岩崎書店)『パパのしごとはわるものです』(作・板橋雅弘/岩崎書店)、『つるのおんがえし』(文・山下明夫/あかね書房)、挿絵に『雨ふる本屋』(作・日向理恵子/童心社)、『月の街 山の街』(作・イ・チョルファン/訳・草薙剛/ワニブックス)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

ふゆのはなさいた

ふゆのはなさいた

安東 みきえアリス館

はじめての冬を迎えたこねずみが、池のそばで泣いていると、「泣くのはやめてよ」金魚が顔を出しました。「だって僕、ひとりぽっちなんだもの」と...

4歳 5歳 6歳 冬

続きを読む

漢字はうたう

漢字はうたう

杉本 深由起あかね書房

「字」や「春」、「傘」など、漢字から感じ取れるイメージや、漢字の中にひそんでいる字からつくった詩の絵本。見開き1編の詩を、春夏秋冬の季節...

6歳 7歳以上

続きを読む

星につたえて

星につたえて

安東 みきえアリス館

クラゲには、星に伝えたい言葉がありましたが、再び流れてくるのを待つ間に老いてしまって……? クラゲと流れ星の愛しい物語。

7歳以上 おとな

続きを読む

ええたま いっちょう!

ええたま いっちょう!

くすのき しげのり岩崎書店

学校からの帰り道、男の子は泥だらけのボールをひろって、交番へ届けに行った。若いおまわりさんがニコッと笑って落し物を受け取ってくれた。おま...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

希望の牧場

希望の牧場

森 絵都岩崎書店

東日本大震災後、発生した原発事故によって「立ち入り禁止区域」になった牧場にとどまり、そこに取り残された牛たちを守りつづけようと決めた、牛...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

パパはわるものチャンピオン

パパはわるものチャンピオン

板橋 雅弘岩崎書店

パパの仕事は悪者プロレスラー。「今日は見にきてほしい」というので一緒に行くと、タイトルマッチの会場です。悪の限りを尽くして勝利するパパ。...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

おにより つよい およめさん

おにより つよい およめさん

井上 よう子岩崎書店

ひとり山奥に住んでいる鬼は、村へ下りては悪さをしてばかり。飯たきをしてくれるお嫁さんがほしかった鬼は「村で一番のおなごを出せ!」しかしみ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

オバケたんてい

オバケたんてい

藤江 じゅんあかね書房

図書館のオバケ・ぱらぱらと、時計塔のオバケ・ぐるぐるは、いたずらが大好き。ある夜、ふたりは、遅くまで起きているダイの部屋にしのびこんだ。...

6歳 7歳以上

続きを読む

悪い本

悪い本

宮部 みゆき岩崎書店

この世のどこかに存在する悪い本。あなたにいちばん悪いことをおしえてくれるでしょう。そんな本いらない? でもあなたは悪い本がほしくなります...

7歳以上 おとな

続きを読む

パパのしごとはわるものです

パパのしごとはわるものです

板橋 雅弘岩崎書店

学校の宿題でお父さんの仕事を調べるために、こっそりパパの職場についていった主人公の男の子ですが、その先で見たものは、なんとプロレスの悪者...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む

つるのおんがえし

つるのおんがえし

山下 明生あかね書房

原型は中国の唐の時代から語りつがれてきた昔話を、児童文学者の山下明生が再話。鶴を助けた男とその母親の家に女が訪れ、幸せを得るものの、約束...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ボールコロゲテ

ボールコロゲテ

村井 康司岩崎書店

人間界に迷いこんだ母親熊と子ども熊。まっさきに興味を示したのは、人間たちのスポーツでした。スポーツの俳句を14句収録。正岡子規など、おな...

7歳以上

続きを読む