与田 凖一よだ じゅんいちの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

童話作家。郷里の小学校で代用教員をしながら『赤い鳥』などに童話、童謡を投稿し、北原白秋に認められて 1928年上京、『旗・蜂・雲』、『山羊とお皿』 その他の童謡集を刊行、『猿と蟹の工場』以後は童話にも手を染め、『ヒカリトソラマメ』、『五十一番めのザボン』などを発表。ほかに『野ゆき山ゆき』 、『ゆめみることば』などがある。日本児童文学者協会長もつとめた。

著者プロフィールの出典元
わたしとあそんで

わたしとあそんで

マリー・ホール・エッツ福音館書店

原っぱにやってきた女の子が、ばったや、かえるや、うさぎやしかと遊ぼうと、みんなをつかまえようとします。でも、つかまえようとするとみんな逃...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

まりーちゃんのクリスマス

まりーちゃんのクリスマス

フランソワーズ岩波書店

雪が降り積もる、ある冬の日のこと、マリーちゃんはクリスマスに思いを馳せながら、嬉しそうに羊のパタポンに話し掛けます。羊のパタポンは、クリ...

4歳 5歳 6歳 冬

続きを読む