矢間 芳子やざま よしこの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1945年、中国東北部(旧満州)生まれ。大阪府在住。テキサイルデザインの仕事をするかたわら、植物や昆虫の絵本作りをはじめる。とくに植物を描くのが好きで、産経学園・よみうり文化センターなどで植物画教室を開き、身近にある植物や四季折々に咲く木々の花などのデッサンしては彩色するのを楽しんでいる。 著書:『くらしのなかのわた』『くらしのなかのちゃ』(童心社)など。<かがくのとも>には、『つゆくさ』『つばき』『すみれとあり』『かき』『さくら』『おおいぬのふぐり』がある。

著者プロフィールの出典元
すみれとあり

すみれとあり

矢間 芳子福音館書店

石垣のすきまに咲いているスミレを見つけたよ。種はどこから、どうやって来たのかな?春の終わり、はじけたスミレの種を運んでゆくアリを発見! ど...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

さくら

さくら

長谷川 摂子福音館書店

日本の春を象徴する桜の花の春だけではない姿をじっくり楽しむ一冊。桜が散った後、桜の木を見上げてみたことがありますか?初夏の葉桜からさくら...

5歳 6歳 7歳以上 おとな

続きを読む