柳澤 桂子やなぎさわ けいこ

この著者の絵本一覧

1938(昭和13)年、東京生れ。お茶の水女子大学を卒業後、分子生物学勃興期にコロンビア大学大学院を修了、慶應義塾大学医学部助手を経て、三菱化成生命科学研究所の主任研究員として活躍中に、激しい痛みとしびれを伴う原因不明の病に倒れる。以後30年以上を闘病しながら、医療問題や生命科学に関する執筆活動を行っている。『お母さんが話してくれた生命の歴史』『卵が私になるまで』『二重らせんの私』『生きて死ぬ智慧』など、著書・受賞多数。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「いのちのもと いでんし」の表紙

いのちのもと いでんし

フラン・ボークウィル岩波書店

DNAには、からだのつくり方が書いてある。じゃあ、どうやってからだをつくるのだろう。生き物はみんなDNAをもっている。だから、からだの中の形だ...

7歳以上

続きを読む

絵本「みんなもってるDNA」の表紙

みんなもってるDNA

フラン・ボークウィル岩波書店

きみがまだ1個の細胞だったころから、からだの作り方は、核の中にあるDNAの中に隠されていた。細胞が増えるたびには、もう1組作られて、細胞から細...

7歳以上

続きを読む

絵本「ばいきんをやっつけろ!」の表紙

ばいきんをやっつけろ!

フラン・ボークウィル岩波書店

地球はバイ菌だらけの危険なところ。どんなに守っていても、バイ菌はからだの中に入ってくる。からだに入ったバイ菌は、あっというまに増えて、ま...

7歳以上

続きを読む

絵本「からだはなにでできている?」の表紙

からだはなにでできている?

フラン・ボークウィル岩波書店

細菌だって、恐竜だって、どんな生き物のからだも、細胞がたくさん集まってできている。ぼくらが生まれる9か月前、ぼくらは、たったひとつの細胞だ...

7歳以上

続きを読む