山中 恒やまなか ひさし

この著者の絵本一覧

1931年北海道小樽市生まれ。児童読み物・ノンフィクション作家。戦時下を描いたノンフィクションに『ボクラ少国民』シリーズ(辺境社)、『少国民の名のもとに』(小学館)、『アジア・太平洋戦争史』(岩波書店)、『戦時児童文学論』『靖国の子』(大月書店)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「ハルばあちゃんの手」の表紙

ハルばあちゃんの手

山中 恒福音館書店

ハルは海辺の小さな村に生まれた。「おや、ほくろのあるいい手じゃ。きっとこの子は器用だし、幸せになるよ」とハルの手をみて、みんながいった……...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「このつぎなあに」の表紙

このつぎなあに

山中 恒あかね書房

ばけるのがへたなたぬきは、いつもしっぱいばかりしています。でもおじいさんは、そんなたぬきが大すきです!

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む