ワンダ・ガアグ

この著者の絵本一覧

1893年、アメリカのミネソタ州に生まれる。セント・ポール美術学校、ミネアポリス美術学校、ニューヨークのアート・スチューデント・リーグ校で学ぶ。1928年に出版された絵本『100まんびきのねこ』(福音館書店)は、日本にも1961年に紹介され、以来日本の子どもたちにも愛され読み継がれている。 絵本『へんなどうつぶ』(岩波書店)などの他に、昔話の再話と絵を手がけた『しらゆきひめと七人の小人たち』『すんだことはすんだこと』(福音館書店)などがある。1947年没。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

スニッピーとスナッピー

スニッピーとスナッピー

ワンダ・ガアグあすなろ書房

2ひきの子ネズミ、スニッピーとスナッピーの冒険を描いた、楽しく、かわいいお話。『100まんびきのねこ』の作者による名作絵本。

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

すんだことは すんだこと

すんだことは すんだこと

ワンダ・ガアグ福音館書店

畑仕事に疲れたフリッツルさんは家事をやってみたくなり、おかみさんと仕事をとりかえるのですが……。ガアグが幼いとき祖母から聞いた昔話を、心を...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

100まんびきのねこ

100まんびきのねこ

ワンダ・ガアグ福音館書店

年をとったおじいさんとおばあさんは、寂しいのでねこを飼うことに決めました。ねこを探しに出かけたおじいさんは、たくさんのねこであふれた丘に...

3歳 4歳 5歳

続きを読む