ビターリー・バレンチノビチ・ビアンキ

この著者の絵本一覧

1894年にサンクト・ペテルブルグに生まれる。ペテルブルグ大学自然科学部で学ぶ。森の動植物の生態など自然をテーマにした作品を書き、それを文学的に高いレベルまで引き上げた。300編近い動物文学作品を発表している。著書に「くちばしどれが一番りっぱ?」(福音館書店)、「初めての狩」(未知谷)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

くちばし どれが一番りっぱ?

くちばし どれが一番りっぱ?

ビアンキ福音館書店

いろいろな鳥が自分のくちばしを自慢しあいます。さあ、だれのくちばしが一番りっぱでしょう? かぼそいくちばしのヒタキにむかって、頑丈なくちば...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

きつねとねずみ

きつねとねずみ

ビアンキ福音館書店

きつねのだんなはねずみを見つけて聞きました。「鼻がどろんこ、どうしたんだい?」「巣穴をつくったのさ。なんだって巣穴を掘ったんだい?」「あ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む