宇野 和美うの かずみ

この著者の絵本一覧

1960年生まれ。出版社勤務を経て、スペイン語圏の子どもの本や小説の翻訳にたずさわる。バルセロナ自治大学大学院修士課程修了。訳書に『ベラスケスの十字の謎』『ティナの明日』『サラミスの兵士たち』など多数。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「女と男のちがいって?」の表紙

女と男のちがいって?

プランテルグループあかね書房

女と男は体のつくりがちがう。でも、それ以外にもちがうところがあるように思える。本書では、男女のちがいはいったいどうして、どこからくるのか...

7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「社会格差はどこから?」の表紙

社会格差はどこから?

プランテルグループあかね書房

お金持ちの家やびんぼうな家があるように、日本にも社会格差はある。本書では上流階級、中産階級、労働者階級という3つの階級について、それぞれの...

7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「独裁政治とは?」の表紙

独裁政治とは?

プランテルグループあかね書房

独裁とは、誰かひとりがなにもかもをきめてしまうこと。本書では独裁者が支配する社会のおそろしさを、暗くならないようポップで明るい絵柄ととも...

7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「民主主義は誰のもの?」の表紙

民主主義は誰のもの?

プランテルグループあかね書房

民主主義っていったいなんだろう? 誰もが抱くそんな疑問に答えるべく、政党、選挙、投票、政府といった民主主義のしくみを、本書では遊びにたと...

7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「いっしょにかえろう」の表紙

いっしょにかえろう

ハイロ・ブイトラゴ岩崎書店

弟とふたりっきりの心ぼそい放課後、女の子はライオンにおねがいしました。貧しさの中でけんめいに生きる子どもを描いた感動作。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「もしぼくが本だったら」の表紙

もしぼくが本だったら

ジョゼ・ジョルジェ・レトリアアノニマ・スタジオ

本を愛する人、これから本に出会う人へ。「もしぼくが本だったら……」ではじまる、詩的な文章と現代的なイラストレーションが魅力の、ポルトガル生...

6歳 7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「パパのところへ」の表紙

パパのところへ

ローレンス・シメル岩波書店

外国にはたらきに行っていて、なかなか会えないパパ。いつも楽しみにしている日曜日の電話。ところが急にパパのところへひっこすことが決まって、...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「ペドロの作文」の表紙

ペドロの作文

アントニオ・スカルメタアリス館

ペドロは誕生日にボールをもらったというのに不満げな様子。プロサッカー選手が蹴るような白と黒の革製のボールが欲しかったのに、軽いビニール製...

7歳以上

続きを読む

絵本「ぼくのミラクルねこネグロ」の表紙

ぼくのミラクルねこネグロ

オズバルド・ソリアーノアリス館

少年一家は、アルゼンチンからフランスに亡命してきた。そこで会った黒猫ネグロは超能力のスゴイ奴。少年と猫の冒険ファンタジー。

6歳 7歳以上

続きを読む