舘野 鴻たての ひろし

この著者の絵本一覧

1968年、神奈川県横浜市に生まれる。札幌学院大学中退。幼少時より熊田千佳慕氏に師事。1986年北海道へ渡り、昆虫を中心に生物の観察を続けるが、大学在学中に演劇、舞踏、音楽と出会い舞台に上がる。その後、舞台美術等の仕事をしながら音楽活動と昆虫採集を続ける。1996年神奈川県秦野に居を移してからは、生物調査の傍ら本格的に生物画の仕事を始め、図鑑や児童書の生物画、解剖図プレートなどを手がける。絵本に『しでむし』『ぎふちょう』、『こまゆばち』(澤口たまみ・文)『なつのはやしのいいにおい』、生物画の仕事に『ニューワイド学研の図鑑生き物のくらし』『ジュニア学研の図鑑魚』、『世界の美しき鳥の羽根鳥たちが成し遂げてきた進化が見える』などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「がろあむし」の表紙

がろあむし

舘野 鴻偕成社

川と町のあいだの森。くずれた崖の奥底で、黒いたまごから、がろあむしの赤ちゃんが生まれた。がろあむしは、まっくらな世界をかけまわり、小さな...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「宮沢賢治の鳥」の表紙

宮沢賢治の鳥

国松 俊英岩崎書店

賢治どんな作品にどんな鳥が登場しているかを、細密画と文章でつづります。賢治の自然への思い、小さな生き物への愛情、野生の生き物と共存したい...

7歳以上 大人

続きを読む

つちはんみょう

つちはんみょう

舘野 鴻偕成社

ツチハンミョウは、「道教え」として知られる美麗な「ハンミョウ」と異なり、地味で目立たない控えめな虫です。その繁殖方法は独特で、4000個の卵...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「ぎふちょう」の表紙

ぎふちょう

舘野 鴻偕成社

1年の寿命のうち約10ヶ月をさなぎとして過ごすギフチョウ。まわりの林で起こる生きものの営みを美しく緻密な絵で描く。『しでむし』作者の新作。

6歳 7歳以上

続きを読む

しでむし

しでむし

舘野 鴻偕成社

埋葬虫とも呼ばれるしでむしの、まるで心があるかのような繊細な子育てを、緻密で美しい絵で描く生命を感じる絵本。解説付き。

6歳 7歳以上

続きを読む