田島 征三たしま せいぞうの絵本一覧(10件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1940年、大阪府堺市で兄征彦と一卵性双生児として生まれる。
6歳から19歳までを自然豊かな高知県(6~11歳 芳原村(現春野町)、11~19歳 高知市朝倉)で暮らす。この時期に、小川で魚を手づかみで持ったりした時の、生き物が掌の中で暴れる感触は今も創作の根になっているという。
多摩美術大学図案科卒業を機に手刷り絵本『しばてん』を制作する。1969年に東京都西多摩郡日の出村(現日の出町)に移り住み、ヤギやチャボを飼い畑を耕す生活をしながら、絵本などの創作を続ける。 
新しい画風を生み出そうとし続けていたところ、ナスカの地上絵の写真を見て新境地が開ける。従来の絵本とは大幅に画風が異なる絵本『ほら いしころがおっこちたよ ね、わすれようよ』を出版する。(1980年)

1989年に日の出町に残る最後の美しい谷間が第2の巨大ゴミ処分場計画候補地になっていることを知り、夫婦で反対運動をおこすことを決意する。森の中で反対運動をしている間に森の植物や小動物との連帯を強く感じ、インスピレーションを得る。
胃がんを患い、胃の2/3を摘出する手術を行う。転地療法のため、伊豆高原(静岡県伊東市)に移住する。(1997年)手術後、体力をつけようと森の中を歩いていた時、シロダモ大木に呼び止められた気がしてふと立ち止まる。翌年の秋、その実を集めて制作した絵本『ガオ』を出版する。
その後、絵本を作りながら、木の実や流木などによる作品を発表し続けている。

著者プロフィールの出典元
ザ・ボーン

ザ・ボーン

南部 和也アリス館

ザ・ボーンはホネの王様。3億歳の誕生日に、世界中のホネが、体を抜け出して集まってきました。奇想天外でユーモラスな絵本。

4歳 5歳 6歳

続きを読む

かとりせんこう

かとりせんこう

田島 征三福音館書店

蚊取り線香と言えば、夏の風物詩。でも、この蚊取り線香はちょっと普通ではありません。蚊取り線香の煙が、もんもんと漂うと、蚊がぽとんと落ち、...

4歳 5歳 6歳 夏

続きを読む

花じんま

花じんま

田島 征三福音館書店

「ここほれわんわん」でおなじみの日本の昔話「花さかじいさん」を、田島征三さんが土佐弁でのびやかに語ります。見どころは、枯れ木に花が咲くシ...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

こやぎが めえめえ

こやぎが めえめえ

田島 征三福音館書店

生まれたばかりのこやぎがめえめえ。元気にぴょん。ちょうちょを追いかけ、はしゃぎすぎたらすってんころりん。遠くで母さんやぎがめえめえ呼ぶよ...

あかちゃん 2歳

続きを読む

はたけうた

はたけうた

田島 征三 福音館書店

「ヨイショたがやすはたけのつちはほってホカホカくろいつちドッコイショ」 畑仕事を楽しむなかから生まれてきた野菜や虫たちの歌づくし。パセリの...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ガオ

ガオ

田島 征三福音館書店

ある日、山犬は大声でほえたくなった。ガオ! ほえたら体中の元気が全部外に飛び出してしまった。ぼろぼろになった体は6匹の蛇になり、飛び出した...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

おじぞうさん

おじぞうさん

田島 征三福音館書店

おうめばあさんは、孫の寝小便が治るようにとお地蔵さんに願をかけ、大福餅をお供えしました。お地蔵さんは大福餅を見てよだれをたらし、よだれを...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

だいふくもち

だいふくもち

田島 征三福音館書店

怠け者のごさくは、ある晩、自分を呼ぶ声に家の中をさがしてみると、床下に300年も住みついているという大福餅を見つけました。その餅は小豆を食わ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ふるやのもり

ふるやのもり

瀬田 貞二福音館書店

じいさんとばあさんが育てている子馬をねらって、泥棒と狼は、それぞれ厩に忍びこんでかくれていました。じいさんとばあさんが「この世で一番怖い...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ふたりはふたご

ふたりはふたご

田島 征彦くもん出版

お日様が照りつけるなか、麦わら帽子を被った二人の少年が魚釣りに出かけます。この二人の少年の名前は、「ゆきちゃん」と「せいちゃん」です。二...

3歳 4歳 5歳

続きを読む