谷 真介たに しんすけ

この著者の絵本一覧

1935年東京に生まれる。編集者を経て執筆生活にはいり、児童文学、絵本の作品が多数ある。日本文芸家協会会員。主な著書に『沖縄少年漂流記』『かげろうの村』『片目のかじき』『小さくなったぞう』『ブルくんダンプくん』『こねこのボックとなんでもはかせ』『失われぬ季節』など多数。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「たまごからうまれた女の子」の表紙

たまごからうまれた女の子

谷 真介佼成出版社

むかしむかし、あるところにお金持ちの夫婦が暮らしていました。暮らしに困ることはない夫婦でしたが、子どもに恵まれないことに悩み、毎日、子ど...

4歳 5歳 6歳 7歳以上 春

続きを読む

絵本「ちいさくなったぞう」の表紙

ちいさくなったぞう

谷 真介あかね書房

いじわるばかりするぞうの“ボビィ”が、あかいきのこをたべると、からだがちいさくなってしまいました。しかえししようとするどうぶつたちからにげ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む