田中 六大たなか ろくだい

この著者の絵本一覧

1980年、東京都生まれ。多摩美術大学院美術研究科絵画専攻版画コース修了。漫画家、イラストレーター、絵本作家。作品に『だいくのたこ8さん』(文・内田麟太郎、くもん出版)、『ねこやのみいちゃん』(文・竹下文子、アリス館)、『へいきへいきのへのかっぱ!』(文・苅田澄子、教育画劇)、『しょうがっこうへいこう』(文・斉藤洋、講談社)、『おすしですし!』(文・林木林、あかね書房)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

おしっこもらスター

おしっこもらスター

田中 六大あかね書房

授業中におしっこをもらしてしまったよしお。公園で落ちこんでいると、ネコが言った「そんなときは歌にするんだ」と。しかたなく歌うと、聞いてい...

6歳 7歳以上

続きを読む

だれが主役かのえほん「どっちが どっち?」

だれが主役かのえほん「どっちが どっち?」

安部 朋世岩崎書店

猫がねずみを追いかけた。ねずみが猫に追いかけられた。視点によって言い方は変わります。具体的な物語から文法を理解する絵本。主体が変わると言...

6歳 7歳以上

続きを読む

副助詞のえほん「ぼくにも かえるよ!」

副助詞のえほん「ぼくにも かえるよ!」

安部 朋世岩崎書店

犬が飼いたいと思うのですが、お母さんはなかなか承知してくれません。いろいろな表現で頼む中で副助詞の働きを学びます。どんなふうに言えば、よ...

6歳 7歳以上

続きを読む

活用形のえほん「ことばのきがえ」

活用形のえほん「ことばのきがえ」

安部 朋世岩崎書店

動詞は、下につく言葉がかわっていくことで形がかわります。どんな言葉でかわるのでしょうか?物語の中で用言の活用を学べます。絵本で文法がわか...

6歳 7歳以上

続きを読む

主語・述語のえほん「ぼくは とりだよ!」

主語・述語のえほん「ぼくは とりだよ!」

安部 朋世岩崎書店

「ぼくはとりだよ」と言う文は、状況によっていろいろな意味にかわります。具体的な例を通して感じてみましょう。後半は「ぼくは」と「ぼくが」の...

6歳 7歳以上

続きを読む

敬語のえほん「ロックだぜ! あっ、ロックですよ」

敬語のえほん「ロックだぜ! あっ、ロックですよ」

安部 朋世岩崎書店

ロックのコンサートをやることになって、いろいろな人を誘います。家族、猫、友だち、先生、近所の老人。どんな風に誘えるかな?相手によって言い...

6歳 7歳以上

続きを読む

のんびりやのサンタクロース

のんびりやのサンタクロース

山田 マチあかね書房

クリスマスもとうに過ぎた大みそかの晩に仕事のしたくをする、のんびりやのサンタクロースがひとり。仲間が忘れたプレゼントを届けにいくのが仕事...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

ともだちは うま

ともだちは うま

村上 しいこWAVE出版

気が強いけれど、ともだち思いのワニのきよしくん。頭が良くて、クラスの人気者、シマウマのたかとしくんに、ちょっとジェラシー!?ついに、きよし...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ともだちは ぶた

ともだちは ぶた

村上 しいこWAVE出版

ぶたの花子ちゃんは、おとうとの花まるくんのめんどうをよくみるまじめなしっかり者。でも、家のきまりがきゅうくつで、おこったわにのきよしくん...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ともだちは アリクイ

ともだちは アリクイ

村上 しいこWAVE出版

しのぶときよし、はじめてのケンカ!?ユーモアたっぷり、ラストにほろり。ともだちを信じる気もちがあたたかい読後感をよぶ人気シリーズ、待望の...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ともだちは きつね

ともだちは きつね

村上 しいこWAVE出版

大人気!「しのぶときよしのともだちシリーズ」第2弾!わにのきよしくんにさそわれて、きつねのれなちゃんと三人ででかけたフラワーパークで、だい...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ぼくは ねんちょうさん

ぼくは ねんちょうさん

サトシン小学館

ちょっとおませな男の子のお話。「・・・と思う僕は年長さん」という語り口でお話は展開されます。「あさ、えんに むかう ペースに ついてこられな...

3歳 4歳 5歳

続きを読む