シビル・ウェッタシンハ

この著者の絵本一覧

1928年、スリランカのガルに生まれる。6歳のとき教育を受けるため、両親と共にコロンボに移り住む。その後、独学で絵の勉強をはじめ、15歳のときはじめて絵本を描き、5年後に出版される。17歳のとき地元の新聞社で働き始め、主に子ども向けの記事やコラムをイラスト入りで執筆した。同時に次々と作品を発表していく。それらの多くの絵本は、スリランカの絵本のイラストレーションに大きな影響を与えている。日本で紹介されている絵本には「かさどろぼう」、「にげだしたひげ」(以上福音館書店)がある。

著者プロフィールの出典元
ふしぎな銀の木

ふしぎな銀の木

シビル・ウェッタシンハ福音館書店

ある日、王がふしぎな夢をみます。それは、地面がぱっくり割れると美しい銀の木が生え、銀の花が咲き、銀の実がなり、木の頂で銀の雄鶏が三度鳴く...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ねこのくにのおきゃくさま

ねこのくにのおきゃくさま

シビル・ウェッタシンハ福音館書店

ねこの国におかしな仮面をかぶった2人組がやってきました。2人が踊りをおどると、そのすばらしいこと! でも、王様から仮面をとるように言われま...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

きつねのホイティ

きつねのホイティ

シビル・ウェッタシンハ福音館書店

ごちそうが食べたい一心で、人間に変装してやってきたきつねと、それを知っていながら、だまされたふりをする村人たちとのやりとりをユーモラスに...

4歳 5歳 6歳

続きを読む