そうま こうへい

この著者の絵本一覧

1945年、岡山生まれ。慶応大学法学部卒。コピーライター、絵本作家。1996年、『ひらがなあいうえお』『カタカナアイウエオ』(講談社)で絵本デビュー。他の作品に、『もしもぼくがあかちゃんだったら』(講談社)、『ぼくのおとうさんははげだぞ』(架空社)、『どうぶつかぞく』(さくらももこ絵、小学館)、『なきむしなっちゃん』(講談社)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

もしもであはは

もしもであはは

そうま こうへいあすなろ書房

もしも、アリが人間より大きかったらどうする?もしも、ゴリラがサルよりも小さかったら?子どもたちの想像力を刺激するユニークな絵本。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

あめがだーいすき

あめがだーいすき

そうま こうへい佼成出版社

この絵本は、ページごとに子ども達が1人ずつ出てきて、「なぜ雨が好きなのか」の理由が描かれているというシンプルな構成になっています。

4歳 5歳 6歳 春 夏

続きを読む