ゼリーナ・ヘンツ

この著者の絵本一覧

1910‐2000。スイスの詩人。幼稚園教諭を経て、子どもの本や詩を書くようになる。1940年、ヘンツは自分の物語の絵をカリジェに依頼した。物語の舞台となった村グアルダに住むヘンツのもとに、カリジェが数年かけて通い、絵本が誕生した。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

大雪

大雪

ゼリーナ・ヘンツ岩波書店

アルプスの山の小さな村にくらすきょうだい、ウルスリとフルリーナのお話。ふりしきる雪のなか、明日のそり大会のためにふもとの村まで毛糸のかざ...

7歳以上 冬

続きを読む

ウルスリのすず

ウルスリのすず

ゼリーナ・ヘンツ岩波書店

アルプスの山おくに元気な男の子ウルスリが住んでいます。明日はすず行列のおまつり。村の男の子たちは、牛の首につけるすずを鳴らして冬をおいだ...

7歳以上 春 冬

続きを読む

フルリーナと山の鳥

フルリーナと山の鳥

ゼリーナ・ヘンツ岩波書店

フルリーナは、キツネにおそわれそうになっていたオオライチョウのひなを見つけ、飼いならそうとしますが……。アルプスのきびしく美しい自然と、そ...

7歳以上

続きを読む

アルプスのきょうだい

アルプスのきょうだい

ゼリーナ・ヘンツ岩波書店

アルプスの美しい山々を背景に、二人のきょうだいウルスリとフルリーナが自然の中でくり広げる物語。国際アンデルセン(画家)賞を受賞したスイス...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む