関 慎太郎せき しんたろう

この著者の絵本一覧

1972年兵庫県神戸市に生まれる。ネイチャーフォトグラファー。滋賀県大津市在住。淡水生物に興味を持ち、その生態を分かりやすく見易く写真で表現する。生き物を見つけるセンスとつかまえる技は神業的。日本で最も多くの淡水生物を実見した一人。写真家・内山りゅう氏から撮影に取り組むきっかけを。写真家・飯村茂樹氏には撮影技術や自然との接し方を学ぶ。両生類・爬虫類・淡水性、汽水性の甲殻類・淡水魚類や水田に関わる生物とその周辺環境を撮影することをライフワークとし、図鑑や写真絵本などで精力的に発表している。『日本水生生物保全センター』および、生き物関連施設立ち上げ屋『AZ Relief』を運営。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「うまれたよ! イモリ」の表紙

うまれたよ! イモリ

関 慎太郎岩崎書店

イモリの卵は水草の葉にひとつずつ産みつけられます。卵は日に日に変化して、オタマジャクシのような赤ちゃんが誕生しました!

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「うまれたよ! カメ」の表紙

うまれたよ! カメ

関 慎太郎岩崎書店

ホームセンターなどで「ゼニガメ」として売られている、子どもたちに人気のクサガメ。白い卵から懸命に出てくる姿には、思わず「がんばれ!」と声...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「うまれたよ! カナヘビ」の表紙

うまれたよ! カナヘビ

関 慎太郎岩崎書店

白い卵からうまれてくるカナヘビのあかちゃんは、大写しにすると、まるで恐竜の誕生です。育てば昆虫をパクリ! やっぱり小さな恐竜のようです。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「うまれたよ! ザリガニ」の表紙

うまれたよ! ザリガニ

関 慎太郎岩崎書店

ザリガニのあかちゃんは、お母さんのおなかに守られて誕生します。生まれたてのあかちゃんは不思議な形。母親から離れた直後は小エビのよう。初め...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「うまれたよ! オタマジャクシ」の表紙

うまれたよ! オタマジャクシ

関 慎太郎岩崎書店

学校の池でも見られるヒキガエルが、卵からオタマジャクシ、そしてカエルに変身する様子を写真で紹介。卵がゼリー状のひもから出てくる様子や卵の...

3歳 4歳 5歳

続きを読む