ささめや ゆき

この著者の絵本一覧

1943年、東京都生まれ。1970年代にパリやニューヨークで絵を学び、帰国後、本の挿画などを手掛ける。絵本に『ねこのチャッピー』(小峰書店)『ガドルフの百合』(宮沢賢治・作 偕成社)『あしたうちにねこがくるの』(石津ちひろ・文 講談社)『まどさんからの手紙 こどもたちへ』(まど・みちお・作 講談社)など多数。画文集に『イタリアの道』(講談社)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

カイとティム よるのぼうけん

カイとティム よるのぼうけん

石井 睦美アリス館

「きょうからぼく、ひとりでねるよ」6歳の誕生日の日、そう宣言したカイくん。とはいえ、なかなか眠ることができません。そんなカイくんのところへ...

6歳 7歳以上

続きを読む

徂徠どうふ

徂徠どうふ

宝井 琴調福音館書店

はたらき者のとうふ屋七兵衛さんは、ひとりのおさむらいに出会います。おさむらいはよほどとうふが好きなのか、なにもつけずに一丁ぺろりと食べて...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

子どもつなひき騒動

子どもつなひき騒動

宝井 琴調福音館書店

母ひとり子ひとり、貧しいながらも楽しく暮らしていたお里さんと娘のお花。一方、お花の父親の再婚相手のお絹さんには子どもがおらず、お花が欲し...

7歳以上

続きを読む

おとうさんは、いま

おとうさんは、いま

湯本 香樹実福音館書店

絵本を読んでくれると約束したお父さんが、まゆちゃんが寝る時間になっても帰ってきません。お父さんは、何してるのかな。きっと今仕事が終わった...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

三方一両損

三方一両損

宝井 琴調福音館書店

年の瀬の江戸の町。三両の入った財布を拾った金太郎は、持ち主の吉五郎を探して届ける。ところが吉五郎は、いったん落としたものを懐に入れるるわ...

7歳以上

続きを読む

こぶたものがたり

こぶたものがたり

中澤 晶子岩崎書店

チェルノブイリの少女ターニャと、福島の少女なつこ。2人ともに牧場の子豚を友達としてかわいがっていたが、原発事故で見捨てなければならなかっ...

7歳以上 おとな

続きを読む

あむ あむ

あむ あむ

中川 ひろたかあかね書房

作家の中川ひろたかさんの初孫・おうくんが主人公の赤ちゃん絵本です。1歳になるころの赤ちゃんを包む「できるよろこび・みまもるうれしみ」を、...

あかちゃん 2歳

続きを読む

いこか いこか

いこか いこか

中川 ひろたかあかね書房

作家の中川ひろたかさんの初孫・おうくんが主人公の赤ちゃん絵本です。1歳になるころの赤ちゃんを包む「できるよろこび・みまもるうれしみ」を、...

あかちゃん 2歳

続きを読む

あんよ あんよ

あんよ あんよ

中川 ひろたかあかね書房

作家の中川ひろたかさんの初孫・おうくんが主人公の赤ちゃん絵本です。1歳になるころの赤ちゃんを包む「できるよろこび・みまもるうれしみ」を、...

あかちゃん 2歳

続きを読む

あった あった

あった あった

中川 ひろたかあかね書房

「あった あった」の繰り返しは「会った」と「合った」がかかることば。赤ちゃんが手指を使えるようになるころの楽しいやりとりです。

あかちゃん 2歳

続きを読む

ぽぽんぴ ぽんぽん

ぽぽんぴ ぽんぽん

松竹 いね子福音館書店

「たろうくんのおへそはどーこ?」。たろうくんがシャツをめくりあげると、ほら、"ぽんぽん"のまん中にありました。おへそは子どもにとって、なん...

あかちゃん 2歳

続きを読む

したきりすずめ

したきりすずめ

広松 由希子岩崎書店

おじいさんがかわいがっていた雀の子を、おばあさんがうそをついたと怒って舌を切ってしまいました。おじいさんは飛んでいった雀をさがして、すず...

3歳 4歳 5歳

続きを読む