サムイル・マルシャーク

この著者の絵本一覧

1887‐1964年。ソ連の詩人であり、児童文学者。1887年、ロシアのヴォローネジ生まれ。工場の技師であった父親とともに、町から町へと移り住みながら、小さな頃から詩を書きはじめた。ペテルブルグで、偶然に、有名な批評家ウラジミール・スターソフに詩を認められてから、ロシアのすぐれた文化遺産や、当時の有名な文化人たちと接するようになり、マクシム・ゴーリキーとも出会う。そして、病気がちであった彼は、ゴーリキーのヤルタの家に引きとられて、中学校へ通うことになった。しかし、その頃、保養地のヤルタでは革命運動の嵐が吹き、その後の厳しい検挙をのがれて大勢の人々が町をすてていた。結局、マルシャークもペテルブルグに戻って、誌や翻訳に力をそそぐ生活をはじめたのだが、その後、ロンドン大学に留学し、シェークスピアやイギリスの民話にふれて、大きな影響をうけた。1917年の革命後、「子どもの町」設立に参加して、子どもの劇、子どもの文学に関心を深め、たくさんの作品を書くとともにに、児童文学の批評や理論の分野でも活躍し、1964年に亡くなるまでソビエトの児童文学のなかで中心的な人物であった。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「こねこのおひげちゃん」の表紙

こねこのおひげちゃん

マルシャーク岩波書店

母親になったつもりで子ねこのせわをやく女の子の心情と、やんちゃな子ねこのおひげちゃんの無邪気なしぐさを描いた、ユニークな絵本。レーベデフ...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし」の表紙

アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし

サムイル・マルシャーク岩波書店

真夏のある日、ふとっちょおじさんはアイスクリームをつぎつぎと食べまくった。すると、あたりはとつぜん吹雪に……。詩人マルシャークのユーモラス...

4歳 5歳 6歳 7歳以上 夏

続きを読む

絵本「しずかなおはなし」の表紙

しずかなおはなし

サムイル・マルシャーク福音館書店

お父さんとお母さんと坊やの静かなハリネズミの家族は、真夜中に散歩に出かけました。ハリネズミの家族は、秋の小道を静かに歩きます。森の鳥や獣...

3歳 4歳 5歳 秋

続きを読む

絵本「どうぶつのこどもたち」の表紙

どうぶつのこどもたち

サムイル・マルシャーク岩波書店

動物園で生まれたライオンやキリンの赤ちゃんたちを愛らしく描いた「おりのなかのこども」、いさましいメンドリの話「めんどりと十ぱのあひるのこ...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む