荒井 良二あらい りょうじの絵本一覧(8件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1956年、山形県生まれ。
『ルフランルフラン』で、日本絵本賞(2005年)、『たいようオルガン』でJBBY賞(2007年)、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞(2012年)を受賞したほか、ボローニャ国際児童図書展特別賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。
2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。
主な絵本に『はっぴぃさん』『きょうというひ』『モケモケ』『ねむりひめ』などがある。
また、2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストを担当。
2014年「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ2014」アーティスティック・ディレクターに就任するなど、その活動の幅を広げている。

著者プロフィールの出典元
Urashima Taro and the Palace of the Dragon

Urashima Taro and the Palace o ・・・

治田 邦宏あすなろ書房

おなじみの日本昔話「浦島太郎」が、英語の絵本に。訳注と日本語訳がついているので、英語のにがてな人でも楽しく読めます。

7歳以上

続きを読む

みちくさ劇場

みちくさ劇場

荒井 良二あかね書房

「小犬のミケ」「ねこのポチ」等、みんなボーッとしたり、考えごとしたり…。12話からなる心なごむ絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む

チキチキチキチキいそいでいそいで

チキチキチキチキいそいでいそいで

角野 栄子あかね書房

コウくんがみつけた古い腕時計がチキチキチキチキすごい早さで動きだすと、みんなの胸もチキチキ鳴りだして、街は大さわぎに!

6歳 7歳以上

続きを読む

森の絵本

森の絵本

長田 弘講談社

どこかで呼ぶ声が聞こえてきますが、まわりを見渡しても誰もいません。今度はずっと近くから呼ぶ声が聞こえてきますが、それでもやっぱり誰もいな...

6歳 7歳以上 おとな

続きを読む

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

荒井 良二偕成社

「あさになったのでまどをあけますよ」というフレーズが繰り返し繰り返し登場するお話です。この絵本は、東日本大震災をきっかけに描かれました。...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

バスにのって

バスにのって

荒井 良二偕成社

広い砂漠にぽつんとあるバス停。空は広くて風はそよっと吹く、そんな砂漠のバス停で一人の旅人がバスを待っています。旅人は遠くへ旅に出るために...

5歳 6歳 7歳以上 おとな

続きを読む

ひゃくえんだま

ひゃくえんだま

ねじめ 正一鈴木出版

お小遣いとして百円玉をもらった少年は、嬉しくて嬉しくて仕方がありません。この少年の嬉しい気持ちがとっても伝わってきます。まるでオリンピッ...

2歳 3歳

続きを読む

チロルくんのりんごの木

チロルくんのりんごの木

荒井 良二NHK出版

スイスのチロル地方には、新しい家族が生まれるとリンゴの木を植える習慣があるそうです。そこで暮らす少年チロルの四季を、アニメ「スキマの国の...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む