荒井 良二あらい りょうじ

この著者の絵本一覧

1956年、山形県生まれ。
『ルフランルフラン』で、日本絵本賞(2005年)、『たいようオルガン』でJBBY賞(2007年)、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞(2012年)を受賞したほか、ボローニャ国際児童図書展特別賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。
2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。
主な絵本に『はっぴぃさん』『きょうというひ』『モケモケ』『ねむりひめ』などがある。
また、2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストを担当。
2014年「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ2014」アーティスティック・ディレクターに就任するなど、その活動の幅を広げている。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

荒井 良二NHK出版

「きょうもあしたも特別な日。毎日はかがやいている」。愛馬“あさやけ”とともにお祝いの旅に出た“ぼく”が出合う、たくさんのうれしくて、しあわせ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ぼくらのエコー

ぼくらのエコー

荒井 良二NHK出版

荒井良二氏が詞を書きおろした、平成28年「NHK全国学校音楽コンクール」(Nコン)小学校の部課題曲。この曲をモチーフにした絵本が誕生! 小...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

チロルくんのりんごの木

チロルくんのりんごの木

荒井 良二NHK出版

スイスのチロル地方には、新しい家族が生まれるとリンゴの木を植える習慣があるそうです。そこで暮らす少年チロルの四季を、アニメ「スキマの国の...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

こどもる

こどもる

荒井 良二岩崎書店

ちちる、よだる、ひなたる、スイカる、またちちる。子どもの自由奔放な姿がぎゅっとつまった絵本。25年間、絵本の第一線で活躍する著者があたたか...

あかちゃん 2歳

続きを読む

ひゃくえんだま

ひゃくえんだま

ねじめ 正一鈴木出版

お小遣いとして百円玉をもらった少年は、嬉しくて嬉しくて仕方がありません。この少年の嬉しい気持ちがとっても伝わってきます。まるでオリンピッ...

2歳 3歳

続きを読む

ねむりひめ

ねむりひめ

荒井 良二NHK出版

NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングを担当する荒井良二が描き下ろす、夢とファンタジーに満ちた物語。グリム童話の世界を、「アストリ...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ

荒井 良二偕成社

「あさになったのでまどをあけますよ」というフレーズが繰り返し繰り返し登場するお話です。この絵本は、東日本大震災をきっかけに描かれました。...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ホソミチくん

ホソミチくん

荒井 良二イースト・プレス

ホソミチくんはさすらいます。どこからきて、どこへゆくのか…それはだれにもわかりません。出会いと別れを繰り返し、時に迷いながらホソミチくんは...

6歳 7歳以上 おとな

続きを読む

かいもの さんぽ ゴムぞうり

かいもの さんぽ ゴムぞうり

荒井 良二岩崎書店

荒井良二の美しいリズムの言葉は永遠の時間を感じさせ、多彩なアーティスト古賀鈴鳴の伸びやかな絵の調和がすばらしい。少年の心にあふれる夢と冒...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

いっすんぼうし

いっすんぼうし

長谷川 摂子岩波書店

針の刀を腰にさし、おわんの舟にのって、いっすんぼうしは、いざ都へ。小さい主人公の波瀾万丈を、遊び心あふれる絵筆でみごとに描きます。おそろ...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む

へっこきあねさ

へっこきあねさ

長谷川 摂子岩波書店

となり村からいいあねさが嫁にきて、大工のあんにゃは大喜び。ところがあねさが屁をこくと、どっばーんとすごい風がふいて、何でもふっとんでしま...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む

みちくさ劇場

みちくさ劇場

荒井 良二あかね書房

「小犬のミケ」「ねこのポチ」等、みんなボーッとしたり、考えごとしたり…。12話からなる心なごむ絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む