大島 妙子おおしま たえこ

この著者の絵本一覧

1959年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、1993年『たなかさんちのおひっこし』(あかね書房)で絵本作家デビュー。主な作品に『ジローとぼく』(借成社)、「猫吉一家物語」シリーズ(金の星社)、『わらっちゃった』(小学館)、『おかあさん おかあさん おかあさん…』(佼成出版社)、『最後のおさんぽ』(講談社)、『ブチョロビッチョロはどこ?』(学研)、『孝行手首』(理論社)、『歯がぬけた』(文・中川ひろたか、PHP研究所)、『こわくないこわくない』(文・内田麟太郎、童心社)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

オニのサラリーマン じごくの盆やすみ

オニのサラリーマン じごくの盆やすみ

富安 陽子福音館書店

お父さんの名前はオニガワラ・ケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンの赤鬼です。お盆の季節になると、地獄の亡者もキュウリの馬に乗って里帰...

5歳 6歳 7歳以上 夏

続きを読む

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

富安 陽子福音館書店

地獄勤めの赤鬼オニガワラ・ケンと同僚のオニジマは、えんまさまから出雲出張を命じられ、「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことにな...

5歳 6歳 7歳以上 秋

続きを読む

オニのサラリーマン

オニのサラリーマン

富安 陽子福音館書店

お父さんの名前は、オニガワラ・ケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンの赤鬼です。朝起きると、朝食を済ませて、スーツをビシッと着て、奥さ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ゆうれいなっとう

ゆうれいなっとう

苅田 澄子アリス館

ふしぎな納豆を見つけ、まぜてみた、だいくん。中からは「う〜ら〜め〜し〜や〜」こわい声が! すると、ゆうれいがやってきて…。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

だいすきひゃっかい

だいすきひゃっかい

村上 しいこ岩崎書店

夜。ねむくないはるなは、おかあさんになぞなぞをだします。ねるまえに、はるながいくのはどーこだ! 思わず親子でだっこしたくなる、おやすみな...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

いがぐり星人 グリたろう

いがぐり星人 グリたろう

大島 妙子あかね書房

タドコロくんちは大家族。電気屋さんのお父さんと涙もろいお母さん、やさしいおばあちゃんに、犬のペロと猫のララ。ある日、柿の木に、天津甘栗み...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

まいごのマイロ

まいごのマイロ

大島 妙子あかね書房

雪の朝、子犬たちは生まれてはじめて外へとでかけました。しかしマイロだけみんなとはぐれてしまい、ふしぎな生きものに出会います。やがて日が暮...

5歳 6歳 7歳以上 冬

続きを読む

たなかさんちのだいぼうけん

たなかさんちのだいぼうけん

大島 妙子あかね書房

たなかさんちは不思議なおうち。カミナリに驚いたら足がはえて、大海原を泳ぎだす。冒険の果てにたどりついたのは…。

6歳 7歳以上

続きを読む

歯がぬけた

歯がぬけた

中川 ひろたかPHP研究所

お父さんとお母さんと少年が食卓を囲んでご飯を食べていると少年はガリっと石を噛んでしまいます。口の中から石を出してみると、これは石ではなく...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

おばけがいっぱい

おばけがいっぱい

かどの えいこあかね書房

お皿、プール、くつ……の中をのぞいてページをめくると、アイスクリームおばけ、うみおばけ、いろんなおばけが次々登場します。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

だれのおうち?

だれのおうち?

かどの えいこあかね書房

だれのおうちかな? 窓をのぞいてページをめくるとくまさんのおうちだった! いろんな動物のおうちが出てくる穴あきしかけ絵本。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ないしょのゆきだるま

ないしょのゆきだるま

角野 栄子あかね書房

ないしょのお願いをいっぱいこめて、ぼくの雪だるまができた! その夜、ぼくが目をさますと、雪だるまは動きだして……!?

6歳 7歳以上 冬

続きを読む