大塚 敦子おおつか あつこ

この著者の絵本一覧

上智大学文学部英文学科卒業。
1986年からフォトジャーナリズムの世界に入り、パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争を取材。92年より欧米を舞台に、死と向きあう人びと、自然や動物との絆がもたらす癒しなどのテーマに取り組み、エイズとともに生きた女性の記録で、98年度「準太陽賞」を受賞。『いのちの贈りもの – 犬、猫、小鳥、そして夫へ』(岩波書店)にまとめる。
写真絵本『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で、2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。
『平和の種をまく ボスニアの少女エミナ』(岩崎書店)が2008年青少年読書感想文コンクール小学校高学年の部の課題図書。
『犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと』(角川書店)が2017年青少年読書感想文コンクール高校生の部の課題図書。

島根あさひ社会復帰促進センターの盲導犬パピー育成プログラムおよびホースプログラムアドバイザー。
法務省「少年院における動物(犬)介在活動等検討会」委員(平成24年-26年度、28年度)。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「わたしの病院、犬がくるの」の表紙

わたしの病院、犬がくるの

大塚 敦子岩崎書店

病気で入院中も楽しいことを見つけ、友だちと遊び、日々成長していく子どもたち。その生きる力の輝きを、病院にくるセラピー犬とのふれあいを通し...

7歳以上 おとな

続きを読む

絵本「平和の種をまく」の表紙

平和の種をまく

大塚 敦子岩崎書店

誰も戦争などしたくなかったのに、気づいたら始まっていたというボスニア。戦後10年、一度は敵として殺し合った民族が、緑の農園で再び心を通わ...

7歳以上 おとな

続きを読む