大西 暢夫おおにし のぶお

この著者の絵本一覧

写真家、映画監督。
1968年東京生まれ。岐阜県揖斐郡池田町で育つ。
東京綜合写真専門学校卒業後、写真家の本橋成一さんに師事。アシスタントをするあいまに、ダムに沈む岐阜県徳山村の取材を独自に開始する。
独立後も今に至るまで全国を巡りダムに沈む村を追い続けている。そのほか精神病院閉鎖病棟、東日本大震災被災地、糸を紡ぐ長野のおばあちゃん。いずれも終わりのない長期取材を続けている。
著書に「ひとりひとりの人」「糸に染まる季節」「津波の夜に 3.11の記憶」など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「糸に染まる季節」の表紙

糸に染まる季節

大西 暢夫岩崎書店

草木染の染織家のくらしを追った写真絵本。近所の草木から、その土地のその季節にしか染められない色が生まれる。染め貯めた糸は保存食のようで、...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり」の表紙

花はどこから

大西 暢夫福音館書店

ある家庭のダイニング。おかあさんと小学3年生の智絵子ちゃんがきれいな花をガラスの花びんに生けています。そのとき智絵子ちゃんがふと「おかあさ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む