オンドジェイ・セコラ

この著者の絵本一覧

1899年、チェコのブルノ近郊クラーロヴォ・ポレ生まれ。ブルノ・マサリク大学で法学を学ぶ。1921年からチャペックと同じリドヴェ-・ノヴィニ新聞に入るとスポーツ欄編集記者、挿絵画家として働きはじめる。そのかたわら、ラグビーのトレーナーや審判、ボクシング試合の運営、ラジオのレポーターをこなすなど、多方面で活躍した。1967年没。「ありのフェルダ」シリーズは、1933年にリドヴェ-・ノヴィニ新聞の子ども欄に連載され、『ありのフェルダ』『とらわれのフェルダ』(福音館書店刊)、本作『ありづかのフェルダ』の三部作が生まれた。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

ありづかのフェルダ

ありづかのフェルダ

オンドジェイ・セコラ福音館書店

ありのフェルダはついに自分の故郷の巣にもどってきます。さっそく巣の中ではたらきありのフェルダは大活躍。ムカデの足を使って大掃除したり、人...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

とらわれのフェルダ

とらわれのフェルダ

オンドジェイ・セコラ福音館書店

前作『ありのフェルダ』で、あらぬ疑いをかけられてお尋ね者になったフェルダが逃げついた先は、なんと敵国の赤あり国。フェルダは捕われの身とな...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ありのフェルダ

ありのフェルダ

オンドジェイ・セコラ福音館書店

ありのフェルダが、まわりの虫たちと繰り広げる奇想天外な物語。かたつむりおじいさんにいたずらしたり、てんとう虫のベルシカに恋したり、バッタ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む