ニコライ・スラトコフ

この著者の絵本一覧

1920年にモスクワで生まれた。ビアンキの指導で1952年から作品を発表。自然をつぶさに観察する独自の動物文学の伝統を作り上げ、自然と人間との関係を問う作品を発表してきた。1996年没。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「ことりの ゆうびんやさん」の表紙

ことりの ゆうびんやさん

ニコライ・スラトコフ福音館書店

キツツキが穴をあけた郵便受けに、巣をつくろうと決めたセキレイの夫婦。枯れ草や髪の毛など、いろんなものを運んできては、穴から中に入れていき...

3歳 4歳 5歳 春

続きを読む

絵本「森からのてがみ」の表紙

森からのてがみ キツツキは森の大工さん・きかんぼうの子グマ

N・スラトコフ福音館書店

森を舞台に多くの童話を書いてきたスラトコフおじさんのどうぶつ記。「キツツキは森の大工さん」は、自分が掘った穴に住んでいる生き物を知りたく...

4歳 5歳 6歳

続きを読む