新美 南吉にいみ なんきち

この著者の絵本一覧

幼くして母を失い、養子に出されるなど寂しい幼少期を送った新美南吉は、中学生時代から創作を始め、弱冠18歳で「ごんぎつね」を世に出しました。病に苦しみ、作家としての成功を前に29歳で世を去りましたが、その短い生涯を通して、数多くの童話、小説、詩、童謡、戯曲などを創作しています。
物語性豊かでユーモアとペーソスに満ちたそれらの作品は、愛知県知多半島の風土を背景に、哀しみの中にも心の通い合いや美しい生き方といった普遍的なテーマが描かれ、死後70年が経つ現在もますます多くの人に親しまれています。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

手ぶくろを買いに

手ぶくろを買いに

新美 南吉あすなろ書房

教科書でもおなじみの新美南吉の代表作が、また新たに生まれ変わりました!生まれてはじめて雪をみた子ぎつねは、そのまぶしさに、そして、あまり...

6歳 7歳以上 おとな 冬

続きを読む

手ぶくろを買いに

手ぶくろを買いに

新美 南吉岩崎書店

寒い冬の夜、手ぶくろを買うために街へ降りた子ぎつね。母ぎつねに、片方の手を人間の手に変えてもらっていましたが、帽子屋に差し出したのは間違...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

ごんぎつね

ごんぎつね

新美 南吉あすなろ書房

光村図書の国語教科書「ごんぎつね」のさし絵を30年間描き続けている絵本作家かすや昌宏が渾身の力をこめて描いた文学絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む

手ぶくろを買いに

手ぶくろを買いに

新美 南吉偕成社

きつね親子の住むところにも冬がやってきました。子ぎつねが外に出ようとするとあたり一面雪景色。初めての雪に子ぎつねは困惑しながらも遊びに出...

5歳 6歳 冬

続きを読む