那須 正幹なす まさもとの絵本一覧(4件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1942年広島市生まれ。72年、『首なし地ぞうの宝』でデビュー。『ズッコケ三人組』のほか、『お江戸の百太郎』『衣世梨の魔法帳』など多くの児童文学シリーズを手がける。『屋根裏の遠い旅』など戦争を題材にした作品も多数。

著者プロフィールの出典元
塩田の運動会

塩田の運動会

那須 正幹福音館書店

山口県防府市の瀬戸内海に面した一帯には江戸時代に大規模な塩田が開かれ、第二次世界大戦後までさかんに製塩業が営まれていました。政府の方針に...

7歳以上

続きを読む

広島の原爆

広島の原爆

那須 正幹福音館書店

原爆の開発から投下にいたる歴史的背景、当時の広島の町の様子、人々の暮らし、そして核兵器の原理、放射線障害など、50年前に炸裂した原爆を、今...

7歳以上

続きを読む

ぼくらの地図旅行

ぼくらの地図旅行

那須 正幹福音館書店

どんでんがえしの結末が楽しい、地図の絵本。主人公は小学生の男の子。岬の灯台まで歩く2人の友情を軸に、地図の読み方、使い方を解説しています。

7歳以上

続きを読む

ふとんやまトンネル

ふとんやまトンネル

那須 正幹童心社

子どもって、おふとんにもぐるのが大好きですよね。もぐってみたらトンネルができました!というお話です。幼い頃、似たような遊びをしていた人も...

4歳 5歳 6歳

続きを読む