中山 千夏なかやま ちなつ

この著者の絵本一覧

1948年生まれ。タレントを経て、市民運動家、国会議員として活動。また、作家、エッセイストとして活躍。著書に『からだノート』、和田誠との共著として『どんなかんじかなあ』等がある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

となりのイカン

となりのイカン

中山 千夏河出書房新社

おいおい ケンカは イカン、アカン、マイネ。日本の子ども3人が世界を旅して、各国の子どもたちをなかよく結びつけていく。長谷川義史と中山千夏...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

くもはいく

くもはいく

中山 千夏河出書房新社

大自然の中にあって、日々さまざまな表情を見せる雲を、中山千夏の子供にも伝わるやさしい言葉と、矢吹申彦の絵で。やさしさや楽しさに、どこか哀...

3歳 4歳 5歳

続きを読む