中川 志郎なかがわ しろう

この著者の絵本一覧

1930年茨城県生れ。東京都立上野動物園に獣医として勤務。ロンドン動物学協会研修留学後、同動物園飼育課長として勤務。多摩動物公園園長、上野動物園園長、茨城県自然博物館館長、日本博物館協会会長を歴任。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「どうぶつのおっぱい」の表紙

どうぶつのおっぱい

中川 志郎アリス館

動物は種類や環境によって、おっぱいの数やついている位置が違います。乳の濃度も違います。豊富な写真とイラストでふしぎ発見!

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「どうぶつの耳」の表紙

どうぶつの耳

中川 志郎アリス館

草食動物の耳は前後左右くりくりとよく動きます。なぜかな? 動物の耳のさまざまな働きを豊富な写真で紹介した科学絵本。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「どうぶつの口」の表紙

どうぶつの口

中川 志郎アリス館

大きな口、小さな口、とがった口……動物の口はさまざまです。歯や舌の役割もまたさまざまです。観察意欲を育てる科学絵本。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「どうぶつのはな」の表紙

どうぶつのはな

中川 志郎アリス館

動物にとって鼻はどんな役割をはたしているのだろうか? 約40種類の動物の写真を見ながらそのふしぎを発見する科学絵本。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「どうぶつの目」の表紙

どうぶつの目

中川 志郎アリス館

動物の目は、食べものや住む場所によって位置や仕組みが違います。約50種類の動物の目を写真とイラストとやわらかい文章で紹介。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「どうぶつのあしがたずかん」の表紙

どうぶつのあしがたずかん

加藤 由子岩崎書店

動物園で子供たちに人気のゾウ、キリン、ライオン、ゴリラなど10数種の動物の足形を実物大でのせた大型絵本。楽しいイラスト付き。

6歳 7歳以上

続きを読む