永井 秀樹ながい ひでき

この著者の絵本一覧

1974年静岡生まれ。幼少の頃より絵に親しむ。高校卒業後、東京デザイナー学院に入学。2001年KFS受講。2006年に東京のGALLERY HOUSE MAYAにて初個展「東京浪漫」を開催。以後、各種展覧会に参加し日本の歴史と文化をテーマとした作品を制作。
現在、歴史・ミステリー・官能を中心としたブックカバー、挿絵などの分野で活動中。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「日清・日露の戦争」の表紙

日清・日露の戦争

高橋 俊介岩崎書店

北九州の藤次郎を主人公に、日清戦争、日露戦争、韓国併合など、富国強兵の道を突き進む国民国家成立の時代を描きます。

7歳以上

続きを読む

絵本「幕末ものがたり」の表紙

幕末ものがたり

鍵和田 武彦岩崎書店

攘夷の決行、薩長同盟、そして倒幕運動。大政奉還後もつづく戊辰戦争。幕末と呼ばれる開国後の日本近代の夜明けを描きます。

7歳以上

続きを読む

絵本「武士の登場」の表紙

武士の登場

渡辺 研悟岩崎書店

平安時代に武士とよばれる者たちが登場してきます。武士たちはどんな生活をし、どのようにして力をつけてきたのか。貴族社会から武士社会への移り...

7歳以上

続きを読む