村山 知義むらやま ともよしの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1901年、東京に生まれる。1921年、東京帝国大学中退。1922年ベルリンに渡り、構成派の美術・演劇・舞踏に強い影響を受け、1923年帰国。意識的構成派の個展をひらき、柳瀬正夢らと前衛美術団体「MAVO」を結成、たびたび展覧会を催す。また一方で『子供之友』、『まなびの友』に童画を描く。1924年、『朝から夜中まで』の舞台装置で演劇界に入り、劇作、演出にも手を染め、1934年、新協劇団を結成。「治安維持法」により三度投獄された。戦後、第二次新協劇団を経て、東京芸術最を主宰。その間も童画や肖像画を描き続ける。1977年没。

おなかのかわ

おなかのかわ

瀬田 貞二福音館書店

ネコはオウムの用意したごちそうだけでは足らず、オウムを丸飲みにします。それからおばあさん、ロバ、王様一行を次々に丸飲みにして、最後にカニ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

しんせつなともだち

しんせつなともだち

方 軼羣福音館書店

雪が降り積もり野も山も真っ白なある日、ウサギは食べ物が底を尽きたので探しに出かけます。さっそく、ウサギは、かぶを二つ見つけます。一つだけ...

3歳 4歳 5歳 6歳 冬

続きを読む