村田 清司むらた せいじ

この著者の絵本一覧

1952年京都生まれ。ダウン症で心臓が弱い。小・中学校と特殊学級に学ぶ。子どもの頃から絵を描くことが好きだった。1971年、知恵おくれといわれる人々の暮らす信楽青年寮に入寮。陶器を作る仕事や出向作業、紙漉きの仕事を経て、現在は絵を描くことに専念。ユニークで楽しく斬新な絵を多く描いている。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

もりへさがしに

もりへさがしに

村田 清司偕成社

オタノシミの木をさがしに森へでかけた仲間たち。ダウン症の画家の絵を、田島征三さんが選んで物語を作った、命をうたう絵本。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

しろいくに

しろいくに

村田 清司偕成社

信楽青年寮に住むダウン症の村田清司さんが描いたユニークで斬新な絵を、田島征三さんが構成し、お話を作った画期的な絵本。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む