毛利 子来もうり たねき

この著者の絵本一覧

1929年生まれ。小児科医。雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」(ジャパンマシニスト社)の編集代表。子育てについて「何がだいじなことか」を広めていく啓蒙活動に力を注いでいる。著書に『育育児典』(岩波書店)、『健康のためなら死んでもいいのか?』(金曜日・幕内秀夫氏との共著)、『子育ての迷い解決法 10の知恵』(集英社新書)、『たぬき先生のゲンコ―子ども医者「日本の阿Q」を叱る』(金曜日)等多数。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

たぬきせんせいのびょうきのほん カユイ カユイ

たぬきせんせいのびょうきのほん カユイ カユイ

毛利 子来福音館書店

子どもたちはよく、カユイカユイの病気になります。ジンマシンやアトピーなどさまざまな病気が治療法、予防法をまじえ展開、私たちの体の不思議を...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

たぬきせんせいのびょうきのほん ゲーとピー

たぬきせんせいのびょうきのほん ゲーとピー

毛利 子来福音館書店

病気を通して、私たちの体の働きの素晴らしさを知る絵本です。冬は、この本に登場する子どもたちのように風邪をひいて嘔吐や下痢になる子も増えま...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ひとのからだ

ひとのからだ

毛利 子来岩崎書店

人のからだのしくみと働きは、どうなっているのでしょうか?さあ、私たちのからだを探検してみましょう。

6歳 7歳以上

続きを読む