三田村 信行みたむら のぶゆき

この著者の絵本一覧

1939年、東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒業。在学中より童話を書きはじめ「ぷう」「蜂起」同人をへて現在にいたる。主な作品に『おとうさんがいっぱい』『すっとびぎつね』『風を売る男』『ぼくが恐竜だったころ』のほか「ウルフ探偵シリーズ」など多数ある。

著者プロフィールの出典元
悪魔の赤ワイン

悪魔の赤ワイン

三田村 信行あかね書房

キツネのかぎやはヒョウの警部に頼まれ、みどり署にある古トランクの中の箱のかぎをあけると、大きなかぎがあった。そのかぎを手にしたヒョウの警...

6歳 7歳以上

続きを読む

カッパの秘宝

カッパの秘宝

三田村 信行あかね書房

キツネのかぎやは、カッパ村のイノシシの村長からたのまれて、カッパ神社にあるカッパ大明神のはこのかぎをあけにきました。はこの中には、病気を...

6歳 7歳以上

続きを読む

透明人間のわな

透明人間のわな

三田村 信行あかね書房

たんぽぽ銀行から「金庫室にとじこめられた」との電話で、かぎをあけに行ったキツネのかぎやは、わなにかけられ、逆に犯人の疑いをかけられてしま...

6歳 7歳以上

続きを読む

地獄のえんま帳

地獄のえんま帳

三田村 信行あかね書房

恐ろしい地獄に連れられていったキツネのかぎやは、犬の女の子の命を助けるため、えんま帳の入った金庫のかぎをあけることになった!

6歳 7歳以上

続きを読む

吸血鬼のかんおけ

吸血鬼のかんおけ

三田村 信行あかね書房

キツネのかぎやは、コウモリ男につれていかれた館で、「吸血鬼が眠っているかんおけのかぎをあけないと、友だちの命はないぞ」とおどされました!

6歳 7歳以上

続きを読む

白ワシのかんむり

白ワシのかんむり

三田村 信行あかね書房

とつぜんオオワシにさらわれ、白ワシ城につれていかれたキツネのかぎやが、ワシの国の女王を助けるために大ぼうけんをします。

6歳 7歳以上

続きを読む

だるまさんのおへそ

だるまさんのおへそ

三田村 信行あかね書房

キツネのかぎやと、ヒョウの警部は、だるまばくだんをしかけた、ばくだん男を追いつめます。キツネのかぎやも危機一髪です!

6歳 7歳以上

続きを読む

ゆうれいのつぼ

ゆうれいのつぼ

三田村 信行あかね書房

ある夜、キツネのかぎやが店のドアを開けると、白い着物を着たネコの女のひとがいた。「土蔵のかぎを開けてください」とたのまれ…。

6歳 7歳以上

続きを読む

ライオンの金庫

ライオンの金庫

三田村 信行あかね書房

キツネのかぎやは、ヤギじいさんに、大きな館につれていかれます。かぎをなくしてあれくるうライオンの金庫をあけろと言われて…。

6歳 7歳以上

続きを読む

かいぞくのおたから

かいぞくのおたから

三田村 信行あかね書房

ある夜、オオカミの三人組にゆうかいされたキツネのかぎやは、かいぞくのたから箱のかぎをあけろとおどされるが……。

6歳 7歳以上

続きを読む

おとうふ百ちょうあぶらげ百まい

おとうふ百ちょうあぶらげ百まい

三田村 信行あかね書房

町はずれのおとうふやさんに、毎晩買いにやってくる男の子が、ある日、おとうふ百ちょうとあぶらげ百まいをくれと言うのです。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む